“局地戦闘機”の異名を持つ洋上迷彩仕様のDR-Z400SMをイジりまくってネタ作りwwwで、いつ乗るのか……気が向いたらね( ̄^ ̄)y-~~ そんなオッサンDoraの日記です( ̄▽ ̄)v あ…そうそう…飛べませんのでf^_^;


by 19681234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリクションロス軽減計画2010

f0167890_1834720.jpg

f0167890_1834773.jpg

御大層な題名ですが、平たく言うと、華道部…ぢゃ無くて、稼動部の注油ですf^_^;

でも、フリクションロスは少ないに越した事はないですよね。

パワーが喰われたり、パーツの消耗を促進したり……

で、今回は、スロットル周辺と、フロントアクスル。他の注油を行いました。

先ずは、スロットル周辺からです。

スロットルをバラし、ウエスで古いオイルを拭き取ります。

次に、スロットルワイヤーにビニール袋の角を少し切って、その切った所からタイコ部分を通し、輪ゴムでキツく縛り上げます。

縛り上げたら、潤滑スプレー(ゾイルの青缶を使用)を吹きます。

この時、被せた袋からガスが抜けない様に、スプレーノズルの先端2cm位の所の袋をノズルと一緒に、しっかり摘んで置きます!

そうして置くと、スロットルケーブル外にこぼれたオイルも無駄無く袋に貯まったガスで強制的にケーブル内に送り込む事が出来ます。

ちなみに、専用の道具も持ってるのですが、ビニール袋の方が、遣りやすいですね!

一通り注油が終わったらスロットルを組み付けて完了です。


次に、アクスルまわりの注油ですが、先ず最初に、フォークガードを外し、ブレーキキャリパーを取り外します。

この時、キャリパーを荷造り紐でハンドルにぶら下げて置くと作業がしやすいです。

作業の邪魔になる物を取り外した後、アクスルシャフトを抜きます。

抜いた直後、思いっ切りリヤ荷重になりますので、車体は、ちゃんとしたスタンドに乗せましょう!

とか言いつつ、ビールケースだし…(-.-;)

フロントホイールを外したら、アクスル外側付近についた汚れたグリスをキッチンペーパーで拭き取り、ここには、ゾイルの“白缶”を注油しときます。

後は、ショックのインナーにゾイルの青缶を吹きつけて磨き、外したパーツを組み付けて作業は完了です。

たった、これだけの作業でも見違える程、動きが良くなり、車体を押しただけでも体感出来ますのでオススメです(^O^)/

残るリヤまわりの注油は、車検が終了し、チェーンを交換した時にでも行おうと思います

最後に、今回は、ゾイルの製品ばかり使用してますが、決して“社員”や“信者”では無いので悪しからず!

添加剤アレルギーの方はスルーして下さいね(笑)

でわでわ( ̄▽ ̄)v
[PR]
by 19681234 | 2010-02-21 18:03 | DR-Z400SM